肝炎の最近のブログ記事

肝炎を起こす原因はいろいろありますが、わが国ではそのほとんどが肝炎ウイルスの感染によるものであることが明らかにされています。これらをウイルス肝炎と呼んでいます。

ウイルス肝炎のうち、C型肝炎ウイルス(HCV)の感染によるものをC型肝炎と呼びます。

肝炎ウイルスに感染すると?

C型肝炎ウイルス(HCV)に感染した場合、その多くは不顕性感染の経過をたどり、一過性の感染で治る場合もありますが、半数以上の人ではウイルスが身体から排除されず肝臓の中に住みついてしまうことが明らかになってしまいます。

  • 感染者は40歳代以上の年齢層に多く見られます。
  • 多くの人では感染の時期がはっきりしません。
  • ウイルスが発見される以前に輸血を受け、感染した人もいます。

定期的に「肝臓」の状態をチェックしましょう!

初診時に、肝臓に「異常」が見つからない、ごく軽い慢性肝炎でただちに本格的な治療を始める必要はないと診断された場合でも、定期的(2~3ヶ月ごと)に検査を受け、新たに肝臓に「異常」が起こっていないかどうかをその都度確認すること。

C型肝炎の治療について

HCVキャリアであることがわかったら、まず、定期的に受診して、あなたのその時その時の「肝臓の状態」を正しく知り、あなた自身の健康管理の方針や必要に応じた治療の方針などを決めるために主治医に相談に乗ってもらうことが最も大切なことです。

  • 抗ウイルス療法

原因であるC型肝炎ウイルスを肝臓から追い出してしまう治療法です。

  • 肝庇護療法

肝臓の細胞ひとつひとつを強くして肝炎の活動を抑えます。

  • 肝炎治療については主治医とよく相談して決めましょう。

C型肝炎に関する情報はこちらをご覧ください。

Q.C型肝炎とはどんな病気ですか??
A.肝炎には急性肝炎と慢性肝炎があります。急性肝炎はウイルスにより発症することが多く、A型、B型、C型、E型などの肝炎ウイルスによっておこります。一方、慢性肝炎では、肝炎ウイルスのC型が約70%を占め、B型が約20%であり、ほとんどがウイルス性です。特にC型が大半を占めます。C型慢性肝炎では、肝臓の細胞の中にC型肝炎ウイルスが住み着いており、このウイルスを排除しようとして体のリンパ球がウイルスを攻撃するのですが、ウイルスが住んでいる肝細胞の一部も破壊されてしまいます。この状態が長年にわたり続くのがC型慢性肝炎です。
Q.C型肝炎にかかった場合はどのような症状が出るのでしょうか?
A.慢性肝炎では、基本的に症状は出ません。病気を指摘されてから、だるいとか疲れやすいなどを訴える方がいますが、症状のない方がほとんどです。しかし、訴えの多い症状としては、だるさ、疲れやすさ、食欲不振などです。慢性肝炎が進んだ肝硬変でも症状の無い方が多いのですが、肝硬変がある程度進行しますと尿の色が濃くなったり、体や目の色が黄色くなったりする、いわゆる黄疸が出ます。また、足がむくんだり、おなかに水がたまる、いわゆる腹水といいますが、おなかが出てきます。
Q.C型肝炎の治療にはどのようなものがありますか?
A.C型肝炎はなかなか治りにくいのですが、完全に治す治療としては、インターフェロン療法があります。次に、完全には正常にならないもののGOTやGPT等の肝機能を改善させる薬物療法としては、一般名がグリチルチンといわれる注射薬ですが、代表的な商品名では強力ミノファーゲンCがあります。毎日あるいは一日おきに40ccを注射します。
また、飲み薬としては小柴胡湯などの漢方薬や、代表的な商品名として「ウルソ」という薬剤があります。C型肝炎の最良の治療は、肝炎ウイルスが消失して、肝機能が正常化することですので、インターフェロン治療が最善です。しかし、残念ながらインターフェロン治療で、肝機能が正常化しない患者さんには、肝機能をできるだけ低く抑えることが必要になります。

肝炎を起こす原因にはいろいろありますが、わが国ではそのほとんどが肝炎ウイルスの感染によるものとされています。ウイルス肝炎のうち、B型肝炎ウイルス(HBV)の感染によるものをB型肝炎と呼びます。

B型肝炎ウイルス(HBV)の一過性感染・持続感染

B型肝炎ウイルス(HBV)の感染様式には、一過性の感染の他に、感染したHBVが排除されずに肝臓の中に住みついて増殖し続けるというものがあります。このような状態になっている人をB型肝炎ウイルスの持続感染者(HBVキャリア)と呼びます。

HBVキャリアであることがわかったら

献血をした際や各種の検診を受けた際などにHBVキャリアであることが初めて分かった人を定期的に詳しく検査してみると、多くの人の肝臓に「異常」が隠れていること分かってきました。まずご自身の「肝臓の状態」を正しく知るために次の事項を守りましょう。

  • 定期的に「肝臓の状態」のチェックを受ける
  • その時その時の自分の肝臓の状態を正しく知る
  • 主治医とよく相談して健康管理及び必要に応じて治療の方針を立てる

定期的に「肝臓の状態」をチェックしましょう

初診時に、肝臓に「異常」が見つからなかったり、ごく軽い慢性肝炎でただちに本格的な治療を始める必要は無いと診断された場合でも、定期的(2~3ヶ月ごと)に検査を受け、新たに肝臓に「異常」が起こっていないかどうかをそのつど確認することが大切です。

B型肝炎の治療について

あなたのB型肝炎が、ごく初期の軽い慢性肝炎か、ある程度以上に進んだ慢性肝炎か、肝硬変、あるいは肝がんにまで進展してしまった状態か、などの病期によって、また肝細胞の破壊の度合い(肝炎の活動度)や残されている肝機能の程度などによって、B型肝炎の治療方針はまったく異なります。あなたがHBVキャリアであることがわかったら、まず、定期的に受診して、あなたのその時の「肝臓の状態」を正しく知り、あなた自身の健康管理の方針や、必要に応じた治療の方針などを決めるために、主治医に相談に乗ってもらうことが最も大切なことです。

B型肝炎に関する情報はこちらをご覧ください