脂質異常症の最近のブログ記事

血液中の脂質(あぶら)が多いというだけで、自覚症状はありません。しかし、脂質異常症を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や脳卒中などを引き起こす危険性が高くなります。

血中の脂質をしっかり管理しましょう

特に総コレステロールまたはLDL(悪玉)-コレステロールを目標値までしっかり下げましょう。心筋梗塞・脳梗塞などの合併症や危険因子の数により目標値が違います。

治療方針の原則 カテゴリー 脂質管理目標値 (mg/dL)
一次予防
まず生活習慣の改善を行った後、薬物治療の適応を考慮する
  LDL-C以外の主要危険因子 LDL-C HDL-C トリグリセライド
I(低リスク群) 0 160未満 40以上 150未満
II
(中リスク群)
1~2 140未満
III
(高リスク群)
3以上 120未満
二次予防
生活習慣の改善とともに薬物治療を考慮する
冠動脈疾患の既往 100未満

日本動脈硬化学会「動脈硬化疾患予防ガイドライン2007年版」より

生活習慣を改善しましょう

動物性脂肪を多く含む食事は、総コレステロール値、LDLコレステロール値を上昇させます。(卵黄、魚卵、脂身の多い肉、乳製品※バター、牛乳)

おすすめしたい運動

1日30分週3回程度の無理のない運動:ウォーキング、ジョギング、体操

sisitsuijyo01.png