メタボリック症候群の最近のブログ記事

metabolic.png

血液中の脂質、血圧、血糖がやや高い程度であっても内臓肥満がある場合には注意が必要です。内臓肥満、脂質代謝異常、高血圧、糖代謝異常の重複は、メタボリックシンドローム(代謝異常症候群)と呼ばれており、心筋梗塞や脳卒中を引き起こす危険性が高く、注意が必要です。

本診断基準では、必須項目となる内臓脂肪蓄積(内臓脂肪面積100平方cm以上)のマーカーとして、ウエスト周囲径が男性で85cm、女性で90cm以上を「要注意」とし、次の3項目のうち2つ以上を有する場合をメタボリックシンドロームと診断する、と規定しています。

メタボリックシンドロームの診断基準

ウエストサイズ
男性:85cm以上
女性:90cm以上
上記のほか、次項2つ以上ある方はメタボリックシンドロームと言えます。
  1. 高トリグリセリド(中性脂肪)血症
    150mg/dL以上
    かつ、または
    低HDL-コレステロール血症
    40mg/dL未満
  2. 収縮期血圧
    130mmHg以上
    かつ、または
    拡張期血圧
    85mmHg以上
  3. 空腹時高血糖
    110mg/dL以上