生活習慣病とは?

偏った食事、運動不足、ストレス、喫煙、飲酒など、主に長い間の生活習慣が原因となる病気で、代表的なものに脂質異常症、高血圧、糖尿病があります。これらは自覚症状がはっきり現れにくく、気づかないうちに動脈硬化が進み、ついには狭心症、心筋梗塞、脳卒中、閉塞性動脈硬化(ASO)など重大な病気を引き起こしてしまいます。

さらに、いくつかの生活習慣病や因子が重なると、心臓病や脳卒中が生じる危険性が一層高まります。生活習慣の改善は生活習慣病の予防につながりますし、かかった後でも治療のポイントになります。自分は大丈夫と過信せずに、いつも生活習慣全般に注意を払いましょう。

☆ライフスタイルを改善しましょう!

生活習慣病は、主に生活習慣の乱れが原因で起こります。予防の基本は毎日のライフスタイルをチェックすることです。

  • 食生活はバランスよく

飲み過ぎ、食べ過ぎは生活習慣病の原因になります。夕食が遅くなった場合は量を控えめにしましょう。

  • 適度な運動を生活に取り入れましょう。

毎日の軽い運動は、気分をリラックスさせ、血圧や血糖値、血中脂質濃度を下げる効果があります。積極的に歩くようにしましょう。

  • 睡眠を十分にとり、リラックスした毎日を過ごしましょう。

ストレスは、万病のもとです。

  • アルコールはほどほどにして、タバコはやめましょう。

ビールなら1日に中ビン1本くらい、日本酒なら1合までが適量の目安です。

定期健診の活用を!

合併症を防ぐためには脂質異常症、高血圧、糖尿病などを正しく知る必要があります。

自覚症状がなくとも定期健診などで、日頃から自分の身体の状態をチェックしましょう。